セラミドが不足すると乾燥する

乾燥肌の原因はセラミド

 

乾燥肌のもっとも多くみられる症状は、洗顔後に肌がつっぱったり、

 

肌がカサカサする、白く粉をふいたりするなどですね。

 

 

肌が乾燥するとシワ、肌荒れの原因となり肌の老化が進むと言われています。

 

 

乾燥肌は、肌バリアが効かなくなっていることが原因なんです。
この肌バリアは、肌の外からの刺激やほこり、雑菌などの侵入を防ぎ
肌内部の水分の蒸発を防ぐ機能がありるんですね。

 

 

乾燥肌の方はこの肌バリアが効いてい状態ないので、
水分を与えても蒸発してしまい乾燥してしまうんですね。

 

 

肌バリアが効かないのは、肌バリアに必要な成分のセラミドが
不足しているからなんです。

 

 

セラミドは、加齢により減少します。
20歳のセラミド量が、40歳では約半分ぐらいになるようです。

 

 

ですので、不足しているセラミドを補い肌バリアの機能を
回復することで乾燥肌が改善できるようになるんです。

 

トップページへ