糖化肌は老化が進む

糖化とは

 

糖化とは肌のタンパク質が固くなり弾力を失い、褐色化に
に変わることです。

 

 

肌のタンパク質とは、コラーゲンやエラスチンのことなんですが
この糖化の原因は、主に糖質の取りすぎと言われています。

 

 

糖化は、肌のタンパク質が糖分と結び付くと固くなり、
褐色に変化するんです。

 

 

たとえば、ご飯を炊いた時に白く美味しそうに炊き上がりますが、
時間が経つと黄色くなりご飯も固くなってしまいますね。

 

これも糖化なんです。

 

 

タンパク質と糖が結びついて、できた物質を糖化生成物(AGEs)と
言いますが、体内にできた糖化生成物(AGEs)は、どんどん溜まって
いきます。

 

 

ターンオーバーが正常に行われていれば、溜まることがないのですが
加齢とともにターンオーバーが乱れて新陳代謝が鈍くなると、ハリや
くすみがでてきて透明感がなくなってきます。

 

 

トップページへ